家庭用脱毛器で脇脱毛

エステやクリニックで脱毛をしてみたいと思っていても、時間やお金のことを考えると踏み切れない、または、近くに良いサロンが無いという人に人気の商品・家庭用脱毛器。特に最近人気を集めているのが、IPL式(フラッシュ式)の製品です。

同じ製品でも少しずつバージョンアップを重ねることで、性能は年々アップしてきていると言われ、『高いだけで効果が無!』というものの代名詞にもなっていた脱毛器の世界はどんどん変わってきているのです。

レーザー式よりも処理時間が短くて済むフラッシュ式では、面倒さが少ないことが人気を集めているポイントです。ランニングコストも欲なり、カセット取り替え方式のものなら、本体を家族などと共用しても衛生的に使える上に経済的です。手の届かない部分にフラッシュをあててもらうことも出来るので、誰かと共有して賢く使用している人も多いようですね。

エステなどで使用しているものよりも出力は当然弱めになってしまいますが、必用な時にいつでも使用できるので、自由さがあります。何度でも好きなだけ使うことが出来るので、効果を実感しやすくなっています。写真つきの体験系サイトなどをチェックするとわかるとおり、全く効果が無いような商品は現在少なくなっており、きちんと効果が得られるものが増えています。

脇脱毛に使う家庭用脱毛器の選び方

ような効果を望むかにより選ぶ基準は変わってきます。

少しだけサロンでの脱毛効果に近いものなら、照射出力パワーが大きいものを選ぶと良いと思います。

手、足、ワキの脱毛であれば、ほとんどの家庭用フラッシュ脱毛器で照射可能ですが、
デリケートゾーンも照射したいというのならば、カートリッジを交換することによって
デリケートゾーンも照射できるマシンを選ぶと良いです。

お顔の照射もしたいと考えているのであれば、現状マシンは限られてきますし、
利用にあたりいくつかの注意点もありますので、
ご確認の上選定されると良いと思います。

効果で選ぶのであれば上記のように目的を絞って選定されると良いと考えますが、
使いやすさやコストパフォーマンスで選ばれる方も多いと思います。

フラッシュ脱毛器によって、照射の面積や形も異なります。
医療用レーザー脱毛やエステサロンでのフラッシュ脱毛ほどではありませんが、
家庭用フラッシュ脱毛器もお値段は決して安いとはいえません。

4万円~6万円ほどまで値段の幅はありますが安価な商品ではありませんので、
購入する際はコストパフォーマンスも気になります。

選ぶ基準はそれぞれありますが、

照射内容で選ぶ
使える部位で選ぶ
コストで選ぶ
使いやすさで選ぶ
維持しやすさで選ぶ
持ち運びのしやすさで選ぶ
時間がかからないものを選ぶ
など多くあります。

どの点に重点をおくかで選ぶと満足いく家庭用フラッシュ脱毛器を選ぶことが
出来るはずです。

購入の際に注意していただきたい点は、
一度買ったらそれで終わりではないという点です。

衛生的にもパワーを維持するためにも
カートリッジライトの交換やヘッド部分の洗浄など
使うにあたりメンテナンスが必要となります。
交換部品の単品価格、買いやすさも基準に入れておくと
非常に失敗は少なくてすみます。

お薦めは長年売れ続けていて効果も確実に出ると人気の「ケノン」です。

除毛クリームで脇脱毛

除毛クリームのワキ毛処理は、お肌に傷がつかないけど、すぐに毛が生えてきてチクチクしてかゆくなるから使えません。除毛クリームは、お肌に傷をつけずにできるので、手間を省きたいという人から支持されています。アルカリ性の成分で毛を溶かす方法で脱毛するので、溶けていくのを目で確認することができます。

安価で施術所要時間が早く、塗って洗い流すだけの2ステップできるので除毛クリームは人気があります。傷などのリスクがなく、白髪でも施術できるので便利です。施術による痛みがなく、脱毛後の肌がツルツルなので愛用者は多いです。ただ、除毛クリームでワキ毛処理すると、すぐに毛が生えてきてチクチクしてかゆくなり、肌へのリスクも大きいです。アレルギー反応が出ることもあり、刺激臭も強いです。除毛クリームはあくまで一時的な脱毛で、強いアルカリ性によりタンパク質を溶かしていきます。肌もタンパク質なので、肌への負担は当然あります。毛を溶かすということは、肌への負担があることを覚悟しなければなりません。毛質によっては溶けにくい場合もあり、保湿などのアフターケアをしっかり行わないといけません。

脇脱毛に除毛クリームは効果が薄いです。なぜなら、毛が溶けても太い毛はすぐに生えてきます。カミソリほど肌荒れはしませんが、毛がすぐ生えてきてチクチクします。除毛クリームは、カミソリで剃るよりは、処理後の毛穴が目立たちません。カミソリの場合、毛穴の存在は隠し切れませんが、除毛クリームなら大体は隠せます。

しかし、どのくらいムダ毛の生えていない状態が保てるのかというと、残念ながらあまり期待はできません。除毛クリームは、一時的な処置にしかならず、せっかくツルツルにできても、またすぐに生えてきます。応急処置的な使用目的でしか効果が実感できません。また、刺激のあるクリームを肌に直接塗ることになるので、肌に影響があります。

脇脱毛に除毛クリームは効果が薄く、やる前には必ずパッチテストが必要です。肌が弱い人の場合、肌が荒れるなど、向いていない可能性もあります。また、パッチテストで平気だったとしても、除毛クリームは毛を溶かす薬品なので、定期的に使用するのはよくありません。お金がないから脇脱毛に除毛クリームを使用する人がよくいますが、単体で見ると安くても、コストパフォーマンスはあまり良くありません。

ブラジリアンワックスで脇脱毛

今までは脱毛サロンでしかできなかった市販のブラジリアンワックスですが自宅でも簡単に自分で使えるようになりました。

ブラジリアンワックスと言えばアンダーヘアに使うイメージですが、脇にも使う事はできます。脇にワックスを塗り乾かして剥がすだけ。非常に簡単です。しかし剥がす時に痛いのと毛抜きに似た方式なので埋没毛になる可能性があります。

除毛クリーム同様に永久脱毛では無いので、その場凌ぎの脱毛方法になります。海に行く時だけ脱毛したいと言う方にはおすすめです。

有名な商品は「アンジェリカ」です。

ブラジリアンワックスのサロンとして有名なアンジェリカ。ブラジリアンワックスを自宅でも使えるようにしてくれたのは実はアンジェリカなのです。「ブラジリアンワックス アンジェリカ」はネットでは数多くの体験談や口コミが載せられていますがお肌にやさしいので、特に肌荒れしやすかった人にとっては有難い脱毛ワックスです

今まではサロンで脱毛ワックスをしていた女性も仕事などの都合で予約を取るのが大変だったとのことですがスケジュールに縛られることなく自宅できれいに脱毛ワックスが出来るようになって助かっている女性が多いです。

デリケートゾーンの脱毛においても、アンジェリカ監修のもと作られたブラジリアンワックスだけあって今回、初めてかぶれずに脱毛ができたという声もたくさんあります。

家庭用光脱毛器ケノン(ke-non)でわき脱毛した結果。効果は?

家庭用脱毛器ケノン(ke-non)は、家庭用脱毛器の決定版として多くの方が利用しているイーモリジュをさらにグレードアップさせた家庭用脱毛器です。

イーモリジュは某大型ネットショッピングの脱毛器ランキングで56週連続1位を取った実績を持つ大ヒット家庭用脱毛器。

そのイーモリジュをもっと使いやすく、もっと効果的に、もっと短時間で利用できるよう改良されたのがケノンです。

あの大ヒット家庭用脱毛器イーモリジュがさらに進化しました。
商品名をケノン(KE-NON)に改めて、もっと効果的な脱毛ができ、さらにコストパフォーマンスを高くした、家庭用脱毛器の最終形がついに販売されました。

ここではイーモリジュが進化したケノンの性能について紹介していきます。
どのような部分が進化したのでしょうか。

脱毛器ケノン(KE-NON)の進化したポイント

コストパフォーマンスが進化した

ケノンは1カートリッジあたり38000発(レベル1照射時)という従来の脱毛器のカートリッジをはるかに上回る発射回数を実現しました。
国内メーカーによって開発された最新技術を駆使した高性能ランプによって出力アップ、耐久性の向上を実現。
イーモリジュがワンショットあたり0.48円だったのに対して、ケノンはワンショット0.22円という業界最安となっています。

ケノンは照射面積が進化した

ケノンの照射面積は世界最大級の照射面積である3.5×2.0cm!
これは、日本国内の家庭用脱毛器だけでなく、世界でも最大のサイズになっています。
照射面積は広くしすぎると出力が分散してしまって脱毛効果が落ちてしまうのですが、先述した高性能ランプによってこの照射面積でも十分な出力で脱毛を行うことができます。

ケノンは連射数が進化した

イーモリジュは最大3連射でしたが、ケノンは最大6連射まで設定することができます。
1、3、6連射を自由に切り替えて脱毛を行うことができます。
連射数が上がるほど肌への負担が小さくなり痛みも少なくなります。
シングルショットの場合は、強力な一発で素早い脱毛を行うことができます。

ケノンは残り照射数が分かるように進化した

従来の家庭用脱毛器というのは、今何回目の照射をしたのか分からない、ということが多々ありました。
つまり、カートリッジの残り照射数が分からなくなることが多かった、ということ。
そこでケノンは大型ディスプレイにカートリッジの残り回数を数字で表示するように進化しました。
これによって、お使いのカートリッジの残り回数が一目瞭然となっています。

ケノンの特徴

ケノンはイーモリジュでお馴染みのトリプルショットを6連射に進化させました。
一度に強い出力の光を当てると痛みや肌への負担が大きいため、連射という形で数回に分けて照射するための連射機能で、さらに痛みを少なく、肌への負担を減らすための家庭用脱毛器最大連射数である6連射を実現させました。

また、ケノンはコストパフォーマンスにとても優れた脱毛器としても話題を集めています。
1カートリッジにつき、38000発ものショットが可能。
さらに、ワンショットあたりの金額は0.22円と低価格になっています。
国内メーカーの強力によって開発された高性能ランプによって、高出力で寿命の長いカートリッジが誕生しました。

ケノンの照射範囲世界最大クラスの3.5cm×2.0cmになっています。
また、ワンショット辺りのチャージ時間が約5秒と短いので、10分間で840cm2と広範囲を一気に脱毛することができます。
従来の家庭用脱毛器の倍のスピードで脱毛ができるため、時間のかかる全身脱毛でも1時間以上時間を短縮することができます。

さらに脱毛用カートリッジにはラージカートリッジとスリムカートリッジ、そして美顔用のスキンケアカートリッジの3種類を用意。
腕や脚などの広範囲にはラージを、ビキニラインなどにはスリムを、美顔にはスキンケアを利用するなど、様々なシーンに合わせて使い分けることができるのでとても便利です。

脱毛器ケノン(KE-NON)で脱毛出来る部位。脇脱毛は当然可能

数多くある家庭用脱毛器の中で最も多くの人が知っていて、多くの人が愛用しているイーモリジュ。
そのイーモリジュがついに進化しました。
名前をケノン(KE-NON)と言って、販売からすでに大注目を浴びている話題の家庭用脱毛器です。

このケノンですが、脱毛することができる部位はどこがあるのでしょうか。

ケノンが使える部分

一般的な家庭用脱毛器は腕や脇、足などに使用することができますが、顔やデリケートな部分、例えばビキニラインなどの脱毛に使用することは禁止されていました。
そこでケノンは顔でも安心して使うことができるように改良されています。

女性も男性も気になる鼻下や、アゴ、ほっぺたなど、思っているよりも顔のムダ毛というのは気になるものです。
ケノンなら顔の脱毛も簡単に行うことができるように、照射面積が狭いスリムタイプのカートリッジも用意されています。

男性のしつこいヒゲの脱毛にも利用できるため、ケノンは男性からも高い支持を集めています。

もちろん、顔の脱毛を行うときには付属のサングラスをかけ忘れないように注意しましょう。

ケノンはデリケートな脱毛にも使える?

家庭で脱毛をするときに、Vラインの脱毛を行うことができるのか、というのは結構重要な問題ですよね。
従来の脱毛器の一部ではVラインの脱毛に利用できないものがありました。
しかしケノンはVライン脱毛もOK!

痛みを感じやすいデリケートな部分ですが、安心の6連射機能が搭載されているので痛みを感じることなく脱毛ができます。
Vラインの脱毛を行うときも、照射面積が通常よりも狭いスリムカートリッジを使うと上手な脱毛ができます。

ケノンは自宅脱毛で最もお薦めできる脱毛器です。